忍者ブログ
[81] [114] [291] [83] [110] [152] [111] [112] [113]

DATE : 2018/06/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/09/04 (Mon)
ファミコンミニ SDガンダムワールド ガチャポン戦士 スクランブルウォーズファミコンミニ SDガンダムワールド ガチャポン戦士 スクランブルウォーズ
任天堂
GAMEBOY ADVANCE Video Game
発売日 2004-08-10



大好評の「ファミコンミニ」シリーズ第30作目となる本作品は、SDガンダムを使ったシミュレーションゲームである。現在でも数多くリリースされているSDガンダムシミュレーションゲームの原点とも言える名作だ。

個性豊かなモビルスーツを生産しマップ上の都市を制圧していく。ユニットが重なると戦闘となるが、プレイヤーの操作によってユニットの性能を逆転させ勝利することもできる。
シミュレーションゲームと言うジャンルをガンダムという馴染みの深いキャラクターによって身近にしてくれた作品。ゲーム中のユニット生産の際に、ガチャガチャからカプセルに入って出てくるという演出からこのタイトルになった。通信ケーブル、ワイヤレスアダプタ対応により対戦も可能。(樋口浩二)


ロードの時間が無くなったのはいいが思考時間は... 2005-02-26
ディスクシステムのゲームでしたので、バトルが発生する度に長い待ち時間がなくなったのでそれについては良いのですが、CPUの思考時間までは短縮されなかったのは非常に残念。いくら何でも『大気圏に一歩突入するのに5分も考えるなよ』と叫びたくなってしまいます。後、自分が下手くそなのでしょうが敵のDOMごときに自分のホワイトベースがやられてしまうほどCPUが強すぎるって言うのも評価ダウンの原因です。そのくせ敵のホワイトベースは強いんですよね。正直腹立ちます。やはりこれではなくて2作目の“カプセル戦期”のリメイクを心待ちにしたいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
広告
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
相互リンクドクター!アクセスアップ