忍者ブログ
[81] [114] [291] [83] [110] [47] [111] [112] [113]

DATE : 2019/10/16 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/09/04 (Mon)
ターンAガンダム 2 月光蝶ターンAガンダム 2 月光蝶
出演:菅野ようこ /安田朗 /菱沼義仁
バンダイビジュアル
発売日 2002-06-25



『地球光』と対になる、劇場版∀ガンダムの後編。月と地球の争いを手引きする、月のギンガナムたち。ロランは平和を求め、彼らを止めるために月へと旅立つ。月で明かされる黒歴史の秘密。それを知り、黒歴史を繰り返さないよう主張するロランと、黒歴史を知ってなお戦いを叫ぶギンガナム。ロランとギンガナムは互いにモビルスーツ、ターンエーとターンエックスをもって最後の戦いへと臨む。
キャラクターたちがそれぞれの野心と正義をかかげ、ぶつかり合う。それによって起こる複雑な勢力争いの推移がストーリーの見所。遠心力を利用するザックトレーガーや、バイオスフィアを思わせる月都市の構造など、最新の科学考証を用いたガジェットにも注目したい。編集されたエピソードをTVシリーズのDVDでチェック、表現の違いを知るのも楽しい。(山田広樹)

御大将大活躍 2006-02-26
この映画に限らず、富野監督が手掛けたTVシリーズの幾つかは編集+新規作画などで映画化されますが、どうしても断片的なものになってしまいます。大抵が1年という長期テレビシリーズなのですから無理があるというものです。

イデオンやファーストガンダムなど80年代前半まではビデオデッキも満足に普及しておらず、映画化にはそれなりの意義があったのですが、現在レンタルビデオ店でテレビシリーズ全巻が並んでいる現在においては嘗て程の意義はないと思います。

テレビシリーズを知っている人が短い時間で見直したい、若しくは粗筋だけ十分という人に向いていると思います。

今作は御大将ことギム・ギンガナム及びターンXの活躍を中心に編集されていると思いました。彼及びそのMSはこのアニメの魅力の一つだったと感じた方にお勧めしたいです。

ターンXは未だにプラモ1種のみのリリースという不遇な扱いを受けていますが、ガンダム史上に残る傑作MSと思うだけにその良さを再認識するのにいい映画かも知れません。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
広告
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
相互リンクドクター!アクセスアップ