忍者ブログ
[167] [180] [174] [169] [172] [176] [182] [171] [173] [175] [162]

DATE : 2018/11/20 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/11/16 (Thu)
SDガンダム G GENERATION SEED GUNDAM THE BESTSDガンダム G GENERATION SEED GUNDAM THE BEST
バンダイ
PlayStation2 Video Game
発売日 2005-02-17



「機動戦士ガンダム」シリーズの歴代モビルスーツが、デフォルメサイズで登場する「SDガンダム G GENERATION」シリーズに、ガンダムSEEDのキャラとストーリーを収録したドラマチック・シミュレーションだ。

PS2版「SDガンダム G GENERATION-NEO」をベースに新要素を加え、大幅にグレードアップしている。大人気アニメ「ガンダムSEED」のドラマを追う「SEEDモード」と、従来のGジェネと同じくガンダム史上の有名な戦いを再現できる「GENERATIONモード」の2つがある。

SEEDモードは原作ストーリーを忠実に再現しているうえに、完全フルボイス仕様。また、開発や編成の必要がないので、難易度的にGジェネ未経験者でもすぐに遊べるモードだ。

新要素として、前作にはなかった原作のキャラが使用可能になり、さらに育成も可能。シナリオ数も大幅に増え、ただでさえやりこみ度の高いシリーズにさらにお楽しみ要素が増えた感がある。

良くも悪くも「SEED」FAN向け 2005-03-29
 歴代の戦場をめぐる「GENERATION」モードと、「SEED」を追体験する「SEED」モード二本立て!との事ですが…「GENE」モードは、おまけ程度に考えた方がいいかと思います。
 「SEED」は、ゲーム中の会話は全てフルボイス。面の開始と終了時に、会話や、ムービーイベントがたくさん入ります。
 「GENE」は会話ボイスは無し、ムービーイベントも無し…と寂しいものです。選ばれている戦場も…まぁ作品数重ねていますし。
 ゲーム部分は、開発できるMS・MAの数が手頃で(NEOよりは多い)コンプリートをする気になります。
 大きな変更点は、必殺攻撃を使用するのに必要な、SAゲージが最大3つまで貯められる事。使い道も、MAP兵器にもSAが必要になり悩み所…。
 面数が少ない為、(「SEED」15面、「GENE」10面)一度クリアした面を、何度も繰り返し、開発・改造をしていく訳ですが、面開始時のイベントは、2度目からスキップ可能ですが、面終了時のイベントは不可。特に「SEED」は長いので、ここもスキップしたかったです。
 ヘルプも完備されていますので、初めて「Gジェネ」を、やるにはいいかもしれません。ただ「SEED」への思い入れが、有る、無しで評価が割れる作品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
広告
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
相互リンクドクター!アクセスアップ