忍者ブログ
[87] [151] [86] [156] [149] [153] [159] [118] [161] [85] [116]

DATE : 2018/10/19 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/09/14 (Thu)
SIMPLEキャラクター2000シリーズ Vol.13 新機動戦記ガンダムW THE バトルSIMPLEキャラクター2000シリーズ Vol.13 新機動戦記ガンダムW THE バトル
バンダイ
PlayStation Video Game
発売日 2002-10-10



人気キャラクターを用いたゲームをお手頃価格で提供する「SIMPLEキャラクター2000シリーズ」。シリーズ13作目として登場するのが、近年のガンダムシリーズのなかでも1、2番の人気を博したといわれる「新機動戦記ガンダムW」を題材にした対戦格闘ゲームだ。
主人公のヒイロをはじめ、デュオなどの人気美形メインキャラクターたちが続々と登場。キャラクターそれぞれのストーリー展開が楽しめる「ストーリーモード」や、プレイヤーの好きな組み合わせで対戦を堪能できる「VSモード」など、多数のモードが用意されている。
3DCGのレンダリングにより緻密に描かれたMSたちが織り成す迫力のバトルを堪能したい。(皆瀬 育郎)

WはU.C.ガンダムとは別物だがGとも違う 2005-12-18
純粋にロボット物の格闘ゲームとして見た場合、ことPSと言うプラットフォームに於いては最高峰の出来と言ってよいでしょう。ヴォイスが収録されていないのは残念ですが、操作性、効果音、重量感は同シリーズの「機動武闘伝Gガンダム THE バトル」と並び欠点の少ない良作である事は疑いようがありません。

ですが今回の題材はあくまで「ガンダムW」であって「Gガンダム」ではありません。デスサイズやサンドロック、ナタクはともかく、ゼロやヘビーアームズが格闘をする、という設定は矢張り違和感があります。企画そのものを否定するようで心苦しいのですが、そんな僅かな違和感が払拭出来ません。

もう一点。機体がエンドレスワルツ仕様なのはカトキ氏のファンとしては嬉しいのですが、だとしたらラスボスがエピオン(しかも搭乗者がトレーズ)と言うのはどうしても納得がいきません。製作者の方々は本当にガンダムWを全話通して観た事があるのか疑問です。

細かい事を気にしなければ楽しめると思います。冒頭でも述べさせて頂いた通り、格闘ゲームとしての出来は良好ですので。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
広告
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
相互リンクドクター!アクセスアップ