忍者ブログ
[196] [244] [248] [198] [252] [250] [246] [254] [256] [241] [243]

DATE : 2018/10/19 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/10/22 (Sun)
1/100 MG アッガイ1/100 MG アッガイ





MGの中でも最高の出来 2006-01-08
遅ればせながら購入しました。



まずはそのプロポーション。

原作設定画そのままのプロポーションに思わずニヤリとしてしまいます。

バンダイの技術力もここまで到達したかと感嘆します。

可動部の再現性もウワサで聞いていたとおり凄いですね。

手足の伸縮機構を利用しての「体育座り」も見事です。

内部フレームにザクとの共通性を持たせていたり、クリアパーツで水流を再現したり、

水中形態で飾る為のスタンドを付属させたりと、オプションもテンコ盛り状態です。

中でも極めつけはカツ・レツ・キッカのフィギュア!

1/100での子供のフィギュアなのですが、精緻な彫刻かきちんと再現されていて、

顔の表情まで確認できます。

レーザーを使用した最新金型技術の凄さを見せ付けられました。

プロポーション、ギミック、オプションと全てが極めて高水準なキットなのですが、難点が一点。

左腕が魚雷、右腕が爪という解釈がなされていますが、それに違和感を覚えます。

旧キットでは両腕が爪だったと記憶していますし、画面で実際に確認すると、

両腕の爪の間からミサイル(?)を発射しているようです。

まあ、どちらが正しいという事ではなく、これは好みの問題だと思いますが‥。

もし、両腕の爪を再現したければ、もう一体買えばよい訳ですし‥

(中心軸上の機関砲が両腕に出来てしまいますが‥)

どちらにしろ、この事でこのキットの価値が薄れる事は全く無いです。



サードパーティーからのアッグガイ、ジュアッグの改造キットなんかも期待できますし、

このキットのお陰で、水中モビルスーツラインナップの「大きな穴」が埋まったように感じます。

あとはギャンとゾックですが、特にゾックは是非とも実現してもらいたいですね。

表裏対称なので、上手く設計すれば金型は半分で済みますので‥。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
広告
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
相互リンクドクター!アクセスアップ